投稿日: 2021年7月4日

雀の子

先日、会社の玄関わきにある傘立ての後ろに雀の子が隠れていました。

近くには、親雀が子供を探して鳴いていました。

早く一人前にならないと生き残れない厳しい世界です。人間も鳥も子供を思う気持ちは一緒なんでしょうね。

しばらく、親鳥が子雀の近くまで様子を見に来ていました。

暫く様子を見ていたら、以前学校で習った小林一茶の俳句で「雀の子、そこのけそこのけお馬が通る」を

思い出しました。小林一茶も雀の子が早く一人前になる様に応援していたのかもしれませんね。(BYB)

IMG_0340.JPGIMG_0342.JPGIMG_0343.JPG