投稿日: 2018年3月11日

3月11日に想うこと

東日本大震災が起きて、今日で7年……。

テレビでは、朝から それに関連するニュースを現地からも交えて放送しています。

少しずつでありますが、復興が進んでいらっしゃることをこころより嬉しく思います。

わたくしの故郷は、和歌山県の本州最南端「潮岬」があり、近くには『橋杭岩』や

古座川には『一枚岩』など風光明媚なところが多い観光地です。

その和歌山県も、今すぐ起きてもおかしくないと言われている【南海トラフ巨大地震】で

被害にあうといわれている地域です。その想定される津波の高さは、10m以上になるとのことです。

そうなると和歌山県も海沿いに集落があり、そして海沿いに国道42号線や鉄道が走っているので

10mを超える津波がくると、間違いなく東日本大震災で被害にあわれた各地のようになります。

各町を繋ぐ経路は、現在海沿いに沿って走る国道42号線とJR西日本の紀勢本線しかないので、

この2つの経路が破壊されたら、救援物資は、空輸しかないでしょうね。

各市町村で対策検討をしていますが、

各市町村がその対策に奮闘している今に

【南海トラフ巨大地震】が起きないこと祈るばかりです。(taku)